物信チェーンとは何か
物信チェーン(cpchain,cyber-physical chain)は次世代物事のインターネットの分散アーキテクチャであり、分散ストレージ、データ暗号化と計算、ブロックチェーンテクノロジを統合し、物事インターネットの基本アーキテクチャを再構築するように設計されている。物事インターネットのシステムの基本データプラットフォームを構築し、データ取得、ストレージ、共有のためのフルプロセスソリューションを提供し、既存の物事インターネットの「煙突式」システムにおける一連のチャレンジを解決し、機器の相互接続コストを削減し、データプライバシーを効果的に保護し、物事インターネットのデータの価値を最大限にする。
特徴
スケーラビリティ
安全性
快速性
ブロックチェーンテクノロジーの大規模なIoTシステムへ応用するスケーラビリティとリアルタイムのボトルネックを解決するために、データストレージや計算とコンセンサスプロトコルの2つの面からシステムソリューションが提案され、並列分散アーキテクチャソリューション、2層ハイブリッドコンセンサスメカニズムや軽量なサイドチェーンコンセンサスプロトコルなどの主要技術が含まれる。物信チェーン(cpchian)の中心的な特徴は情報と物理システム値の転送を実現することである。
アプリケーション
大規模な物事インターネットのデータ公開共有プラットフォームは物事のインターネットのデータ共有とアプリケーションのためのセキュリティとインセンティブのメカニズムを提供する。リアルタイムのデータフローはデジタル経済の本質的価値を反映している。同時に、業界システムの効率性とインテリジェンスが大幅に強化され、情報システムと物理システムの深い統合と価値移転が実現される。
大きなデータの共有と取引
インテリジェント輸送システム
薬物トレーサビリティ
信物チェーン研究開発チーム
物信チェーンの研究チームは国際化されたナレッジ・ストラクチャードで若手のチームである。創立チームのメンバーには、大学、物事のインターネット業界、財務・証券会社、商業業務から出身する。
龍承念博士、物信チェーンの創始者/チーフ・サイエンティスト
研究方向:物事のインターネット、ブロックチェーンに基づく分散スマートシステム
趙滨博士、物信チェーンの創設者
以前はAlcatel-Lucent上海ベルで働いていた、2015年以来、有名な国内証券会社の研究開発担当者を務め、物事のインターネット研究および通信の開発で12年以上の経験と豊富な研究開発チームを管理する経験を持ち、上海ベルを代表してさまざまな国内外の物事のインターネットの標準を制定する仕事を関与した。
史青偉、物信チェーンの共同設立者
ブロックチェーンとデジタル通貨の初期参加者、業界メディアの共有ファイナンスの創設者、そしてコアチェーンのHPB共同スポンサー、多くのプロジェクト準備と投資に参加した。
2017 CPChain Team © All rights reserved.